接骨院と整体院の違いは

私は今の仕事に就く前は、バリバリの営業職として働いていました。外回り中心でよく歩いていたためか運動不足になるということはなく、体のどこかに不調が出るということはなかったように思います。でも、自分の夢を達成するために今の仕事に転職してからは、一日中座ってパソコン画面を見続ける環境のため、とにかく姿勢が固まってしまって肩はガチガチ、首がビキビキ、三十路に入ったばかりだというのに腕もろくに上がらない始末…。三十路肩なんてありませんよね普通…。でもこの仕事は長く続けていきたいと思っているし、ある意味職業病だと捉えてその改善策を探すことにしたんです。そこで姿勢の矯正やコリ、痛みを解消してくれるところはではどこか?と考えたとき、ぱっと思い浮かんだのが整体と接骨でした。

What is Chiropractic?

でも、どっちがいいの?どう違うの?接骨院は整骨院と名乗っているところもあるし、そうなると、ますます整体院との区別がつけづらくなってきます。混乱したままで自分の体を任せるわけには行かないと思い、実際に治療に入る前にキチンと下調べをしようと思ったんです。すると…接骨院ってつまり「骨接ぎ屋さん」なんですね。



「柔道整復師」という国家資格を持った人が骨折や捻挫、打撲などの骨や関節、筋、腱、靭帯の損傷を手技を使って薬に頼ることなく治していく療法です。経営するにあたって国家資格が必要な施設であるため、保険がききます。ただ、接骨院は原因がはっきりしている外傷には保険がききますが、慢性的な肩こりや腰痛、五十路肩などの治療に対しては保険がききません。

International Chiropractors Association

一方、整体は民間で実績や勉強を積んだ人が開業できる施設。そのために全ての治療において保険はききません。性質的な違いとしては、前述の通り接骨院が原因がはっきりしている出血性のない外傷に対して薬を使わずに治療するものだとすれば、整体は原因が特定できない出血性のない体の不調に対して、効果を表すものだといえるのではないでしょうか。国家資格を有する者が施術するという点で、接骨は一定の技術の担保や治療方針の体系化が期待できますが、その分法律やルールにとらわれる決まった範囲での治療しかできないと言い換えることもできます。

その分整体では、患者さん個人の不調に対して、様々なアプローチ方法で改善を促すことができるため、一概に国家資格の有無で接骨か整体かを決めるのではなく、あくまでも自分の体調によってベストな選択をするべきだと思っています。